2017年

開催予告(2017/6/14)new

第12回プロセス化学ラウンジ

世話人:大原 孝文(塩野義製薬)

日時: 2016年12月1日(金)(10::00開始)〜2日(土)
     1泊2日

会場: 和光純薬工業梶@湯河原研修所(地図:PDF)
    〒413-0001 静岡県熱海市泉232-8
    Tel: 0465-64-0559  Fax: 0465-60-1389
    
    電車 JR東海道線・湯河原駅下車
    タクシー約10分「椿寺の下、和光純薬研修所」
    バス「温泉場」「不動滝」「奥湯河原」行き約15分「落合橋」下車、
       椿寺を目標に徒歩約10分(かなりきつい上り坂)

講師: 未定

 

2016年

盛況御礼(2017/4/13 結果報告を掲載しました)new

第11回プロセス化学ラウンジ

報告書はこちら(PDF)

世話人:道田誠(第一三共)

日時: 2016年12月2日(金)(10::00開始)〜3日(土)(朝食後解散)
     1泊2日

会場: 和光純薬工業梶@湯河原研修所(地図:PDF)
    〒413-0001 静岡県熱海市泉232-8
    Tel: 0465-64-0559  Fax: 0465-60-1389
    
    電車 JR東海道線・湯河原駅下車
    タクシー約10分「椿寺の下、和光純薬研修所」
    バス「温泉場」「不動滝」「奥湯河原」行き約15分「落合橋」下車、
       椿寺を目標に徒歩約10分(かなりきつい上り坂)

講演: 5演題、45分(講演時間30分、質疑応答15分)

情報交換会:食事後、懇親会を兼ねる

募集人数: 約50名(本会正会員、学生会員、賛助会員に限る)

参加費:18,000円(学生9,000円)

講師(順不同):

  • 藤間達哉 先生(名古屋大学大学院 創薬科学研究科 助教)
    「フグ毒テトロドトキシンの全合成と神経生理学への応用」

  • 峯野雅博 氏(武田薬品工業株式会社)
    「クロスカップリング反応を鍵とした医薬品候補化合物のプロセス化学研究」

  • 尾田真一 氏(塩野義製薬株式会社)
    「ニューロペプチドY Y5受容体アンタゴニストvelneperit (S-2367)原薬の効率的製造法開発」

  • 池田圭一 氏(大塚製薬株式会社)
    「4-クロロベンゾチオフェンの安全かつ効率的な脱炭酸プロセスの開発と商用生産への展開」

  • 布施新一郎 氏(東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所 准教授)
    「マイクロフローアミド結合形成法の開発 −単純なようで奥深いアミド化の世界−」

申込締切日:2016年10月31日(月)

参加者への参加諾否連絡日: 2016年11月4日(金) 

参加登録方法:下記リンク先の申し込み用エクセルファイルに必要事項を記入の上、ラウンジ事務局までメールで送信してください。今年度の新企画である情報交換会(懇親会)に向けたアンケートのご協力をお願いいたします。

参加申込先: 渇サ学工業日報社 企画局 平川 
          E-mail: h_hirakawa@chemicaldaily.co.jp 
          TEL 03-3663- 7936 / FAX 03-3663- 7861 

注意点: 
1) 申し込み順での受付を基本といたします。本日(9/13)より受け付けます。 
2) 募集人数を超えた場合は同一機関(会社、大学)からの参加者人数を調整させていただくことがあります。複数お申し込みの際は可能であれば、優先順位をご指定ください。 
3) 一定人数に達した後、調整して参加登録の諾否をご返事いたします。その際に振込み先をお知らせいたします。 
4) 入金の確認を持って登録完了とします。 

お問い合わせ先: 第11回プロセス化学ラウンジ幹事 
            第一三共株式会社 プロセス技術研究所 道田 誠 
            E-mail :michida.makoto.wp@daiichisankyo.co.jp
            TEL : 070-1303- 4755(直通)

■参加申込ファイル(Excel)

 

2015年

第10回プロセス化学ラウンジの報告書を掲載しました(2016/4/15)

第10回プロセス化学ラウンジ

報告書はこちら(PDF)

日時: 2015年12月4日(金)(10::00開始)〜5日(土)(朝食後解散)
     1泊2日

会場: 和光純薬工業梶@湯河原研修所(地図:PDF)
    〒413-0001 静岡県熱海市泉232-8
    Tel: 0465-64-0559  Fax: 0465-60-1389
    
    電車 JR東海道線・湯河原駅下車
    タクシー約10分「椿寺の下、和光純薬研修所」
    バス「温泉場」「不動滝」「奥湯河原」行き約15分「落合橋」下車、
       椿寺を目標に徒歩約10分(かなりきつい上り坂)

講師(順不同・敬称略):

  • 「忘れ去られた原子団SF5基を持つ合成ツールの開発」
    柴田哲夫(名古屋工業大学ながれ領域大学院 工学研究科)

  • 「二酸化炭素を用いた α-アミノ酸の化学合成」
    美多 剛(北海道大学大学院 薬学研究科)

  • 「PATを活用した晶析工程のモニタリング」
    柄澤 智哉(大日本住友製薬)

  • 「Vasclar Adhesion Protein-1 阻害剤 AS2500149-FMAのプロセス研究」
    橋本 隆雄(アステラス製薬)

  • 「難溶性原薬の初期プロセス開発 -PI3Kα阻害剤CH5132799の事例-」
    前田 賢二(中外製薬)

  • 「製造プロセスの潜在危険性評価とスケールアップ手法の構築
    -ジエステル型プロドラッグの製法開発を例に-」
    森田 悠司(田辺三菱製薬)

参加募集人数: 約50名(本学会正会員、学生会員、賛助会員に限る)

参加費: 18,000円(学生9,000円)

申し込み締め切り日: 2015年10月30日(金)

参加者への参加諾否連絡日: 2015年11月6日(金)

参加登録方法:下記リンク先の申し込み用エクセルファイルに必要事項を記入の上、ラウンジ事務局までメールで送信してください。

参加申し込み先: 渇サ学工業日報社 企画局 平川
            E-mail: h_hirakawa@chemicaldaily.co.jp
            TEL 03-3663-7936 / FAX 03-3663-7861

注意点
1) 申し込み順での受付を基本といたします。本日(8/31)より受け付けます。
2) 募集人数を超えた場合は同一機関(会社、大学)からの参加者人数を調整させていただくことがあります。複数お申し込みの際は可能であれば、優先順位をご指定ください。
3) 一定人数に達した後、調整して参加登録の諾否をご返事いたします。その際に振込み先をお知らせいたします。
4) 入金の確認を持って登録完了とします。

お問い合わせ先: 第10回プロセス化学ラウンジ幹事 味の素 バイオ・ファイン研究所
            素材工業化研究室 丹羽 誠司
            E-mail: seiji_niwa@ajinomoto.com TEL: 059-346-0122(直通)

■参加申込ファイル(Excel)


2014年

盛況御礼

第9回プロセス化学ラウンジ
「困難なプロセスに挑む 〜その時何が起こっているか〜」

日時: 2014年12月12日(金)〜13日(土)
     1泊2日 10:00開始、翌日朝食後解散予定

会場: 和光純薬工業梶@湯河原研修所(地図:PDF)
    〒413-0001 静岡県熱海市泉232-8
    Tel: 0465-64-0559  Fax: 0465-60-1389
アクセス
    電車 JR東海道線・湯河原駅下車
    タクシー約10分「椿寺の下、和光純薬研修所」
    バス「温泉場」「不動滝」「奥湯河原」行き約15分「落合橋」下車、
       椿寺を目標に徒歩約10分(かなりきつい上り坂)

<講演者(順不同、敬称略)>

  • 「ポルフィリン金属触媒を用いる有機合成」
    倉橋 拓也 先生(京都大学 工学研究科)

  • 「生合成的多様性を目指す天然物合成研究」
    下川 淳 先生(名古屋大学 創薬科学研究科)

  • 「開発段階に応じたプロセス研究
        −開発初期に注意すべき点 VEGFR-2阻害薬の製法検討を例にー」
    石本 和久 氏(武田薬品工業)

  • 「NBSと溶媒との混触危険」
    今村 良明 氏(塩野義製薬)

  • 「レニン阻害剤の効率的合成ルート開発 −3つの不斉炭素構築へのアプ ローチ−」
    道田 誠 氏(第一三共)

  • 「医薬品の製造プロセスの開発
        〜FTO(Freedom to Operate)を重視した製造方法の確立」
    高橋 和彦 氏(大日本住友製薬)

参加募集人数: 約50名(本学会正会員、学生会員、賛助会員に限る)

参加費: 18,000円(学生9,000円)

申し込み締め切り日: 2014年11月7日(金)

参加者への参加諾否連絡日: 2014年11月14日(金)

参加登録方法:下記リンク先の申し込み用エクセルファイルに必要事項を記入の上、ラウンジ事務局までメールで送信してください。

参加申し込み先:第9回プロセス化学ラウンジ事務局
           渇サ学工業日報社 企画局 平川
           E-mail: h_hirakawa@chemicaldaily.co.jp
           TEL 03-3663-7936 / FAX 03-3663-7861

注意点

  1. 申し込み順での受付を基本といたします。本日より受け付けます。
  2. 募集人数を超えた場合は同一機関(会社、大学)からの参加者人数を調整させていただくことがあります。複数お申し込みの際は可能であれば、優先順位をご指定ください。
  3. 一定人数に達した後、調整して参加登録の諾否をご返事いたします。その際に振込み先をお知らせいたします。
  4. 入金の確認を持って登録完了とします。

お問い合わせ先:
     第9回プロセス化学ラウンジ幹事 
     田辺三菱製薬 CMC本部 プロセス研究所
     手嶋 崇雄
     E-mail: teshima.takao@mb.mt-pharma.co.jp
     TEL: 06-6300-2847(直通)

 

■参加申込ファイル(Excel)

2013年

盛況御礼

第8回プロセス化学ラウンジ
日時:2013年12月5日(木)〜6日(金)

会場:和光純薬工業梶@湯河原研修所 (地図:PDF)
〒413-0001 静岡県熱海市泉232-8
Tel: 0465-64-0559 Fax: 0465-60-1389

アクセス: 電車 JR東海道線・湯河原駅下車
タクシー約10分「椿寺の下、和光純薬研修所」
バス「温泉場」「不動滝」「奥湯河原」行き約15分「落合橋」下車、
椿寺を目標に徒歩約10分(かなりきつい上り坂)

世話人:千葉博之(エーザイ)

講師(順不同):  

  • 「天然物の全合成研究:袋小路から抜け出すヒント」
      早川 一郎 先生(筑波大学 数理物質系化学域)
  • 「マイクロリアクターによる有機リチウム反応の新展開」  
      永木 愛一郎 先生(京都大学 大学院工学研究科)
  • 「原薬製造時に出現した新規結晶形への対応」
      手嶋 崇雄 氏(田辺三菱製薬)
  • 「Mirabegron 原薬製造法の確立  〜高効率なKnow-How構築に向けたプロセスケミストリーからのアプローチ〜」
      中村 純 氏(アステラスファーマテック)
  • 「新規免疫抑制剤CS-0777のプロセス化学研究 
     〜医薬品原薬製造に適した合成ルートとは?〜」  
      中村 嘉孝 氏 (第一三共)
  • 「E5564合成中間体の結晶形制御によるろ過性改善検討」
      松本 郁美 氏 (エーザイ) 
  • 「新規抗がん剤ハラヴェン®のプロセス開発 〜マイクロフロー技術の適用〜」
      福山 尚 氏 (エーザイ)

参加募集人数: 約50名(本学会正会員、学生会員、賛助会員に限る)

参加費: 18,000円(学生9,000円)

申し込み締め切り日: 2013年11月8日(金) 定員に達したため募集を締め切りました。

参加者への参加諾否連絡日: 2013年11月15日(金)

参加登録方法:下記リンク先の申し込み用エクセルファイルに必要事項を記入の上、ラウンジ事務局までメールで送信してください。

参加申し込み先: 渇サ学工業日報社 企画局 平川
E-mail: h_hirakawa@chemicaldaily.co.jp
TEL 03-3663-7936 / FAX 03-3663-7861

注意点

  1. 申し込み順での受付を基本といたします。本日より受け付けます。
  2. 募集人数を超えた場合は同一機関(会社、大学)からの参加者人数を調整させていただくことがあります。複数お申し込みの際は可能であれば、優先順位をご指定ください。
  3. 一定人数に達した後、調整して参加登録の諾否をご返事いたします。その際に振込み先をお知らせいたします。
  4. 申し込み書記載内容はラウンジ終了後、責任を持って消去いたします。
  5. 入金の確認を持って登録完了とします。

お問い合わせ先:
   第8回プロセス化学ラウンジ幹事 エーザイ(株)原薬研究部
   千葉 博之
   〒314-0255 茨城県神栖市砂山22
   E-mail: h2-chiba@hhc.eisai.co.jp
   TEL: 0479-46-4984(直通)

■参加申込ファイル(Excel)

2012年

盛況御礼

第7回プロセス化学ラウンジ
日時:2012年11月29日(木)(13:00開始)〜30日(金)
     1泊2日 13:00開始、翌日昼食後解散予定

会場:和光純薬工業梶@湯河原研修所
    〒413-0001 静岡県熱海市泉232-8
    Tel: 0465-64-0559 Fax: 0465-60-1389

アクセス: 電車 JR東海道線・湯河原駅下車
       タクシー約10分「椿寺の下、和光純薬研修所」
       バス「温泉場」「不動滝」「奥湯河原」行き約15分「落合橋」下車、
       椿寺を目標に徒歩約10分(かなりきつい上り坂)

<講演者(順不同、敬称略)>

「平衡論と速度論から実践する結晶多形の析出制御」
滝山 博志 先生(東京農工大院工)

「天然物の合成研究:多環式構造をどのようにつくるか」
横島 聡 先生(名大院創薬科学)

「プロセス理解に向けた質量分析計による反応解析−基礎から測定・解析のコツまで−」
赤尾 淳史 氏(エーザイ)

「医薬品原薬製造プロセスの研究開発におけるPATの活用について」
古川 晴雄 氏(塩野義製薬)

「インフルエンザ治療薬イナビルのプロセス研究」
村上 正行 氏(第一三共)

「溶媒媒介転移による結晶多形制御とインライン分析を用いた製造管理へのチャレンジ」
竹口 和宏 氏(アステラス製薬)

募集人員:約50名 (本学会正会員、学生会員、賛助会員に限る)

参加費:18,000円(学生9,000円)

申込締切日:2012年11月2日(金)募集受付は終了しました

参加者への参加諾否連絡日:2012年11月9日(金)

参加登録方法:下記リンク先の申込用エクセルファイルに必要事項を記入の上、
ラウンジ事務局までメールで送信してください。

参加申し込み先:
渇サ学工業日報社 企画局 平川
E-mail: h_hirakawa@chemicaldaily.co.jp
TEL 03-3663-7936 / FAX 03-3663-7861

注意点:
1) 申し込み順での受付を基本といたします。本日より受け付けます。
2) 募集人数を超えた場合は同一機関(会社、大学)からの参加者人数を調整させていただくことがあります。複数お申し込みの際は可能であれば、優先順位をご指定ください。
3) 一定人数に達した後、調整して参加登録の諾否をご返事いたします。その際に振込み先をお知らせいたします。
4) 申し込み書記載内容はラウンジ終了後、責任を持って消去いたします。
5) 入金の確認を持って登録完了とします。

お問い合わせ先:
第7回プロセス化学ラウンジ幹事 
アステラス製薬 合成技術研究所 林 泰正
〒318-0001 茨城県高萩市赤浜160-2
E-mail: yasumasa.hayashi@astellas.com
TEL: 0293-23-5692(直通)

■参加申込ファイル(Excel)

2011年

終了・盛会御礼

第6回プロセス化学ラウンジ
2011年12月1日(木)〜2日(金)
和光純薬工業梶@湯河原研修所 (静岡県熱海市)

幹事: 伊藤伸浩(和光純薬工業梶j
ito.nobuhiro@wako-chem.co.jp

■詳細情報 >>  ■開催趣旨>>

2010年

終了・盛会御礼

第5回プロセス化学ラウンジ 2011年2月3日(木)〜4日(金)

ホテル琵琶レイクオーツカ http://www.biwalake-otsuka.com/
滋賀県大津市南小松1054-3

幹事:荒木 美貴(塩野義製薬(株))
yoshitaka.araki@shionogi.co.jp
TEL:06-6401-1368

■詳細情報 >>   ■開催趣旨>>

2009年

終了・盛会御礼
第4回プロセス化学ラウンジ
2009年11月5日(木)−6日(金)
TKP熱海研修センター(静岡県熱海市)
■参加者募集>>  ■開催趣旨 >>

募集受付終了
第3回プロセス化学ラウンジ開催案内
2009年2月5日(木)−6日(金)
富士ハイツ(静岡県富士市)
■詳細情報 >>    ■開催趣旨>>


The Japanese Society for Process Chemistry